読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ADT

etc

多すぎる情報をさばくために人間の脳に過剰な負荷がかかると、ものを考える力が低下するというお話。
http://japan.cnet.com/interview/story/0,2000050154,20082117,00.htm

たとえば、自分の潜在力を十分に出し切って仕事をしていない。本当はもっと生産的になれると思いながら実際には生産性が落ちている。仕事の結果が示すよりも自分は利口だと思う。人からの質問に、普段よりも薄っぺらな言い方で性急に答える。新しいアイデアが枯渇する。仕事の時間が延びる一方で、睡眠時間は短くなる。、身体を動かすことも少なくなり、友人と一緒に過ごす自由時間も減る、などが考えられます。一般的には、仕事にかける時間が増えていながら、逆に全体的な成果は少なくなっている状態と言えます。

実は「入ってくる情報量をあえて減らす」ということが重要だということです。

この状態では、柔軟性が失われます。柔軟性とは、グレーの微妙な濃淡を見分ける能力、不確実な状態に対処する力、ユーモアのセンス、新しい考えを思い浮かべる力などを指します。

心当たりありませんか?