読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TeraStationをLinuxからマウント

etc

こんな便利な奴は、自宅サーバLinux)からも使いたいと思うのが人情というもの。
いちいちsmbclientでコピーするのは面倒だなぁーと思って調べてみたら、smbmountコマンドを使えばあたかもローカルのファイルシステムと同じように使えるらしいことが判明。
このへんを参考に、早速試してみました。
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/605usens.html

mount -t smbfs -o username=***,password=*** //TeraStation/share /mnt/nas

おお、あっさりつながりましたよ。しかし日本語のファイル名が文字化けしてしまいました。
さらに調べてみると、どうもオプションでcodepageやiocharsetを指定すれば大丈夫なようです。
http://www.blk.mmtr.or.jp/~anko/linux/tips/smbmount.html

mount -t smbfs -o username=***,password=***,codepage=cp932,iocharset=utf8
 //TeraStation/share /mnt/nas

これで日本語ファイル名も大丈夫です。(ちなみにうちのFedora君はUTF8です。)

ついでに、ここを参考に、/etc/fstabを編集して自動マウントするようにしときました。
http://park15.wakwak.com/~unixlife/linux/app-sambaclient.html

[/etc/fstab]
//TeraStation/share /mnt/nas/ smbfs rw,username=***,password=***,codepage=cp932
,iocharset=utf8 0 0

これで完璧です。しばらくこれで運用してみることにします。