読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラム言語の方向性

dev

JRubyの開発者であるOla Biniのポストに関する解説記事です。
InfoQ: Programming languages in future systems
プログラム言語の対象領域を

3つのレイヤーに分け、その使い分けについて解説しています。
おそらく、静的言語レイヤーと動的言語レイヤーの間の結合に、JRubyJythonのようなJavaVM上のスクリプト言語が適していると言いたいのだと思いますが、DSLに関してはやや歯切れの悪い内容です。