読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラム言語百花繚乱の昨今ですが・・・

dev

プロの開発者にとって、新しいプログラム言語を学ぶのは時間の無駄ぢゃないの?という意見。
InfoQ: あなたは本当に、他の言語を学ぶべきなのか?

新しいプログラミング言語を学ぶのは、プロフェッショナルなプログラマにとってはしばしば時間の無駄です。それは楽しい時間の無駄(例えば趣味)かもしれません。しかし、それでもなお無駄なのです。もしあなたがそれを遊びで行うなら素晴らしい事ですが、得にはなりません。この指摘は、優れたプログラマの間では異端の説だとされるでしょう: 非常に素晴らしい教えを説いてくれるプラグマティック・プログラマでさえも、我々は毎年新しいプログラミング言語を学ぶべきだと示唆しています。ばかげたことです。

#引用の引用でスイマセン

これに対する自分の意見

  • 確かに無駄なことも多いかもしれないが、リスクを取らなければリターンもない。学習に費やした時間の95%が無駄でも、5%の有益な時間があれば十分。
  • たまに異なる環境に触れてみることはいい刺激になるよ。考えてみてごらんなさい、Windowsしか知らない開発者がLinuxに触れることは時間の無駄ですか?
  • プロの開発者として重要なのは、「ホーム言語」を持つことだと思う。普段、仕事で要求されるほとんどのことをこなせるまで、一つの言語を使い込むことがまず重要。その上で、新たな言語に触れることは有益だと思う。中途半端にいろいろな言語に手を出すのがいちばんよくない。